コーヒーの資格を取得して対面販売に活かそう

学生

インストラクターと鑑定士

コーヒー

専門知識を持つ人が取れる

コーヒーの知識を持っているのであればコーヒーインストラクターという資格を取得すると、対面で販売するのに良いものとなります。つまりコーヒー関連の職に就くには良い資格ということです。コーヒーインストラクターという資格はその名のとおり、コーヒーに関する指導を行なうことができるほどの知識を持った人が有するものです。2級、1級とありますが、2級に合格しなければ1級の試験を受けることができません。そして1級を取得した人は、さらにランクアップすることができるコーヒー鑑定士という資格を取得するための試験に受けることができます。それはコーヒー関連の資格の中では最も高いレベルのものといえ、高度な専門知識と鑑定技術を必要とされます。

専門家としての活動

コーヒーインストラクター2級は、対面販売などで取得しておくと良い資格です。コーヒーの基礎を学びながら、銘柄や味について鑑定する技術が求められます。試験内容が難しそうに見えますが、コーヒーが好きな人ならほとんどの人が受かります。1級は専門的なコーヒーの知識が求められるため、2級よりも試験内容が難しくなっています。主にコーヒー製造業者向けの資格と言われているため、コーヒーの焙煎やブレンドをするような仕事に就きたい方にぴったりな資格と言えるでしょう。このようなコーヒーインストラクターの資格を取得することができるようになれば、販売するときにお客さんに詳しくどのような味なのか、そして原産国やコーヒーに関する健康的な面を説明することもできます。

取得できる免許とは

ウーマン

調理師専門学校では、調理師免許を取得することができます。比較的短期間で簡単に取得できる国家資格です。調理関係の仕事に就くにあたって、その免許を持っていることによりその幅を広げることができるので、資格の1つとして取得することをおすすめします。

おすすめのスクール

食器

大阪にあるポーセラーツスクールでも、転写紙を利用して簡単にオリジナルの食器や小物がつくれるため人気を集めています。様々なタイプのレッスンが用意されており、自分の目的に合ったレッスンを選ぶことができます。

お菓子作りが学べる学校

お菓子を作る人

製菓系の専門学校に進学することで、ケーキショップやホテルなどへの就職に役立つ技術が身に着けられるでしょう。お菓子作りの理論が学べるだけではなくて、実習を通じてケーキ作りやデコレーションの技能も習得できるのが特徴的です。